スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
ホステル
2006 / 07 / 12 ( Wed ) 11:16:44
「HOSTEL」というタイトルのこの映画は、最近見たホラーの中では怖い方だった。
ホラー映画は、思い切り怖くあるべきだ、というのが私の主張。
そんな要求を満たしてくれる映画のひとつだった。

この映画はパソコンでダウンロードしてみたのだが、見終わってからクエンティン・タランティーノが制作し、イーライ・ロスが監督した作品だということを知った。

最初からネットで調べるなど、なんらかの予備知識をもってみていたら、また違った見方もできたかもしれない。
誰がプロデュースした作品だということすら知らず、映画の中に一瞬、三池崇監督が現われるということも知らなかった。
まあ、そういう意味では、純粋にホラーとしての評価ができたのだからよしとする。

映画の序盤では、女性の裸体や男女の絡むシーンが多くて、「この映画、ホラー映画じゃなくて、もしかしてこれエロ映画?」と自分の選択に疑問を抱かせられた。
ダウンロードする過程でカテゴリーを間違えてしまったのかもしれないとも思った。中盤で画面に大量の血を見るまでは、ホラーとエロは同一のカテゴリーでくくられるものなのかと錯覚するほどだった。

アメリカ男3人が、女と刺激を求めてオランダに旅行にやってくる、というところから映画は始まる。
裸の女たちやソフトドラッグのシーンをみているうちに、私は徐々に不思議な感覚に陥っていった。まるで自分がドラッグを吸っているかのような…。映像の魔力だ。

なかなか求めるものを得ることができないアメリカ男3人組は、スロバキアにある某ホステルでの体験談を聞かされる。女たちが外国人を求めて集まっているホステルだと聞き、彼らはすぐにスロバキアへと向かう。そして、そこで恐怖の底に落とされることになる。

後半からは主人公が逃げおおせるのか怖くなり、耳を塞いでみたりトイレに逃げ込んでみたり、怖さをまぎらわすことになった。こうしたはらはらさせられるストーリーは好きだ。

見終わって思ったのは、スロバキアへ行くのは絶対やめよう、ということ。
スロバキアの人たち、よくこんな映画作るの許したなあとその寛大さに感心した。

こんじゅの満足度 ★★★★☆

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(1) * comment(0) * page top↑
前ページ * HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。