スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
SPIRIT(Fearless)
2006 / 07 / 13 ( Thu ) 09:25:46
ジェット・リーのことを韓国では「イ・ヨンゴル」という。
「李連杰」をそのまま韓国語読みした名前だ。

イ・ヨンゴルの映画を見よう、と友人に誘われたのだけど、それが誰なのか、わからない。
ジャッキー・チェンのこと?
それとも、アンディ・ラウ?
とにかく映画を見てみればわかるだろうと思った。

ところが、最初のシーンで現われた、闘うイ・ヨンゴルをみても、私にはジェット・リーだということがわからなかった。
ジェット・リーという名前すら知らないのだから、無理もない。

カンフー映画を見るのはけっこう好きだけど、よく考えたら俳優の名前を知らなかったのだ!
友人が「ジェット・リーは実際に有名な武道家なんだよ」と教えてくれなかったら、一生、知らないままだったかもしれない。

この映画、韓国では「Fearless」いう英題を用いている。
上海精武体育会を設立した伝説の武闘家、雀元甲の生涯を描いた映画だ。

闘いのシーンがほとんどだったが、胸につきさるようなシーンもところどころに散りばめられていた。
とりわけ、主人公の雀元甲が母親と娘を殺されてしまったときは目頭が熱くなった。
また、強くなりたいという雀元甲に武道家の父親が言った「武道とは復讐のためのものではなく平和のために使われるもの」という言葉が印象的だった。

そうそう、これから少しずつ、中国・香港映画の俳優も覚えていこう。

出演:ジェット・リー、中村獅童、スン・リー
監督:ロニー・ユー 

こんじゅの満足度 ★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

* 中国・香港映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<ミスターソクラテス * HOME * モーツアルトと鯨(Mozart and the Whale)>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://konju.blog60.fc2.com/tb.php/5-f403ea33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。