スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
フォンブース
2006 / 07 / 27 ( Thu ) 12:55:58
2003年の映画。
劇場公開のときに見たいと思っていたが、いつの間にか終わっていて、見られなかった。
電話ボックスの中だけで展開する映画で、心理サスペンス映画というジャンルに入るらしい。

韓国でのレビューもかなりよかったので、とても期待して見たのだが、なんか期待外れだった。
ネットを探ってみると、日本でのレビューも上々なのに、あんまり面白くない・・・と感じるのは、私が冷めていすぎるのだろうか?

だいたい、浮気相手の番号が携帯に残ってしまうから、という理由だけで公衆電話ボックスを利用するだろうか?
そんな疑い深い妻で、彼のような仕事ができるのだろうか?

あんなにも射撃のうまいなら、犯人はそちらに精通している人にちがいないだろうに、そんな人が主人公を狙う動機も弱すぎはしないか。

などなど、映画を引っ張っていく「動機」「モチーフ」がいまいちのような気がした。
主人公が公衆電話にかかってきた電話をとらなかったら話は始まらないのだし。

よくもまあ台詞をこれだけ考えたなあとか、翻訳者は大変だっただろうなあとか、よけいなことばかり考えてしまった。

出演:コリン・ファレル、フォレスト・ウィテカー、ケイティ・ホームズ
監督:ジョエル・シューマーカー

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。