スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
クール・ランニング
2006 / 07 / 24 ( Mon ) 10:12:51
実話を基にしたジャマイカのボブスレーの話…というところまでは以前から知っていた。
それなのに、なぜ今までこの映画を見たことがなかったのか?

スポーツ映画はあまり好きではないことと、そんなシリアスな映画は見たくない!という気持ちからだった。
ところが、スポ根の映画でもなく、コミカルに描かれた映画だと知り、さっそく見ることにした。

随所に笑いとジャマイカン・ミュージックが取り入れられていて、映画は上手く仕上がっていた。
見ていてこれほど微笑ましい気持ちになったのは久しぶりだ。

最後はスポ根嫌いな私でも感動できる、気持ちのよい終わり方だった。
いつかまた見たい映画だ。

出演:レオン 、ダグ・E・ダグ 、マリク・ヨバ 、ジョン・キャンディ 、レイモンド・J・バリー
監督:ジョン・タートルトーブ

こんじゅの満足度 ★★★★★
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく映画 - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
機械じかけの小児病棟
2006 / 07 / 24 ( Mon ) 10:00:30
韓国では原題「FRAJILE」をそのまま使っている。

2005年に制作されたスペイン映画だが、イギリスが舞台となっているため台詞は全て英語。
だから、全然、スペイン映画っぽくない。

メキシコを舞台にした米仏合作映画「bandidas」もそうだったが、最近は英語で作るのが流行りか、はたまた世界的に配給されることを目的としてわざと英語で作っているのか。
言語の持つ独特の雰囲気を殺して作っているようでもったいない。

スペインホラーの巨匠、ジャウマ・バラゲロ監督の作品ということで
その「怖さ」に期待を持って見たのだが、期待はずれだった。

特に、前半まではストーリーの運びがゆるやかで、ちょっと退屈してしまう。
後半で現われる霊、「機械少女」は、怖い顔はしているけれど人を殺したりしないから、見ている側も死に追いやられる恐怖を感じない。

「機械少女」が現われるフロア、だいたい、いくら閉鎖目前の病院だからといって、あるフロアだけをあそこまで風化させるのも変だ。

この映画、退屈しのぎに見たのだが、いまいちだったなあ・・・。

出演:キャリスタ・フロックハート、リチャード・ロクスバーグ、エレナ・アナヤ、ジェマ・ジョーンズ
監督:ジャウマ・バラゲロ

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。