スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
House of 9
2006 / 07 / 29 ( Sat ) 09:48:43
ホラー映画を見ようとこの映画を選んだのだが、見ているうちに、どうもこれはホラー映画ではない、と思った。お化けも幽霊も出てこないし、殺人鬼も出てこない。スリラー/サスペンス映画の部類に入るだろう。

ストーリーは「SAW」に似ている。
無差別で拉致されてきた9人の男女は、窓も出口もない、一軒の家に閉じ込められる。マイクからは「この家から無事出られるのは1人だけ。懸賞金500万ドルと一緒に外に出られる」という、男の声が流れる。9人は、生き残りたいけれど誰かを殺すことはできないでいる。
ところが、ある事故で一人が死んだのをきっかけに、それまで保たれていた平静さは均衡を失い、次々に殺人が起こる――。

後半に入るまでなかなか人が死なないので、ストーリーに起伏がみられず、途中で退屈してしまう人もいるだろう。
でも、私はこの映画、けっこう楽しめた。9人の心理を想像すると、どきどきしてくる。
もし私がこの9人の1人だったとしたら――。
絶望的な気持ちになる。他人を殺せるだろうか。でなければ、自分が殺されてしまうのだろうか。

「SAW」に比べると、その緊張感や怖さは比較にならないが、人間がどういう状態になるとどんな行動を起こすのか、勉強になる。

そうそう、この映画を見てから、拉致されないように気をつけよう!と心に誓った。

出演:デニス・ホッパー、ケリー・ブロック
監督:ステーブン・R・モンロー

こんじゅの満足度 ★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
バンジージャンプする
2006 / 07 / 28 ( Fri ) 11:46:26
今さらながらに2001年の韓国映画「バンジージャンプする」を見ることになった。

私がこの映画を見なかったひとつの理由は、主演のイ・ビョンホンが個人的にあまり好きではない、ということもあった。韓国の芸能記者をやっていると、いろんな噂を耳にする。

しかし、その性格はどうあれ、演技力には定評がある。21歳の大学生と38歳の高校教師の役をみごとに演じきっていた。

特筆すべきは、この映画はイ・ビョンホンの恋人を演じているイ・ウンジュの作品であるということ。この映画を見ると、なかなかいい女優だったのになあとその死が惜しまれる。

イ・ウンジュが自殺したころ、ちょうどこの映画が日本で公開されることになっていた。
関係者は「この映画はIMX(ペ・ヨンジュンの日本事務所)も投資に参加している。あまり期待されていなかったこの映画も、イ・ウンジュの死で一躍注目されて、IMXも運がいいねえ」といっていた。恐るべし、IMX。

ストーリーはよくありがちな輪廻転生の話。
後半で若干、「そんなのってあり?」と思わせる設定になっていたが、きちんとまとまっていた。

出演:イ・ビョンホン、イ・ウンジュ
監督:キム・デスン

こんじゅの満足度 ★★★☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* 韓国映画 * trackback(4) * comment(0) * page top↑
フォンブース
2006 / 07 / 27 ( Thu ) 12:55:58
2003年の映画。
劇場公開のときに見たいと思っていたが、いつの間にか終わっていて、見られなかった。
電話ボックスの中だけで展開する映画で、心理サスペンス映画というジャンルに入るらしい。

韓国でのレビューもかなりよかったので、とても期待して見たのだが、なんか期待外れだった。
ネットを探ってみると、日本でのレビューも上々なのに、あんまり面白くない・・・と感じるのは、私が冷めていすぎるのだろうか?

だいたい、浮気相手の番号が携帯に残ってしまうから、という理由だけで公衆電話ボックスを利用するだろうか?
そんな疑い深い妻で、彼のような仕事ができるのだろうか?

あんなにも射撃のうまいなら、犯人はそちらに精通している人にちがいないだろうに、そんな人が主人公を狙う動機も弱すぎはしないか。

などなど、映画を引っ張っていく「動機」「モチーフ」がいまいちのような気がした。
主人公が公衆電話にかかってきた電話をとらなかったら話は始まらないのだし。

よくもまあ台詞をこれだけ考えたなあとか、翻訳者は大変だっただろうなあとか、よけいなことばかり考えてしまった。

出演:コリン・ファレル、フォレスト・ウィテカー、ケイティ・ホームズ
監督:ジョエル・シューマーカー

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
クール・ランニング
2006 / 07 / 24 ( Mon ) 10:12:51
実話を基にしたジャマイカのボブスレーの話…というところまでは以前から知っていた。
それなのに、なぜ今までこの映画を見たことがなかったのか?

スポーツ映画はあまり好きではないことと、そんなシリアスな映画は見たくない!という気持ちからだった。
ところが、スポ根の映画でもなく、コミカルに描かれた映画だと知り、さっそく見ることにした。

随所に笑いとジャマイカン・ミュージックが取り入れられていて、映画は上手く仕上がっていた。
見ていてこれほど微笑ましい気持ちになったのは久しぶりだ。

最後はスポ根嫌いな私でも感動できる、気持ちのよい終わり方だった。
いつかまた見たい映画だ。

出演:レオン 、ダグ・E・ダグ 、マリク・ヨバ 、ジョン・キャンディ 、レイモンド・J・バリー
監督:ジョン・タートルトーブ

こんじゅの満足度 ★★★★★

テーマ:なんとなく映画 - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
機械じかけの小児病棟
2006 / 07 / 24 ( Mon ) 10:00:30
韓国では原題「FRAJILE」をそのまま使っている。

2005年に制作されたスペイン映画だが、イギリスが舞台となっているため台詞は全て英語。
だから、全然、スペイン映画っぽくない。

メキシコを舞台にした米仏合作映画「bandidas」もそうだったが、最近は英語で作るのが流行りか、はたまた世界的に配給されることを目的としてわざと英語で作っているのか。
言語の持つ独特の雰囲気を殺して作っているようでもったいない。

スペインホラーの巨匠、ジャウマ・バラゲロ監督の作品ということで
その「怖さ」に期待を持って見たのだが、期待はずれだった。

特に、前半まではストーリーの運びがゆるやかで、ちょっと退屈してしまう。
後半で現われる霊、「機械少女」は、怖い顔はしているけれど人を殺したりしないから、見ている側も死に追いやられる恐怖を感じない。

「機械少女」が現われるフロア、だいたい、いくら閉鎖目前の病院だからといって、あるフロアだけをあそこまで風化させるのも変だ。

この映画、退屈しのぎに見たのだが、いまいちだったなあ・・・。

出演:キャリスタ・フロックハート、リチャード・ロクスバーグ、エレナ・アナヤ、ジェマ・ジョーンズ
監督:ジャウマ・バラゲロ

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
輪廻
2006 / 07 / 22 ( Sat ) 09:01:44
優香主演の「輪廻」を見た。韓国では「還生」というタイトル。

日本のホラー映画をみるのは「着信アリ」以来。
韓国では日本のホラー映画は「怖い」と定評があり、
私も楽しみにしていたのだが、この映画はあまり怖くなかった。

ひと通り見てもあまり理解できない部分もあり、
見終わってから、ちょっと悩んでしまった。

ゾンビの演技はなかなかよかった。

出演:優香、椎名桔平、香里奈、杉本哲太
監督:清水崇

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
イベントホライズン
2006 / 07 / 21 ( Fri ) 10:35:45
「ものすごい怖い」「残忍」というレビューが多かったSFホラー「イベントホライズン」をとてつもない期待をもって見た。
韓国では原題「Event Horizon」そのまま。

西紀2040年。イベントホライズン号が海王星で失踪する。
イベントホライズン号は光速以上のスピードで宇宙を飛行できるように極秘で作られた宇宙船だった。消えたはずのイベントホライズンは7年後、海王星に再び現われる。
イベントホライズンを製作したウィアー博士は、救助船「ルイス&クラーク号」の隊員たちとイベントホライズン号に乗り込むが、すでに乗組員たちは全員死亡していた。
隊員たちは思いもよらぬ恐怖の世界へと入り込むことになる…。

というストーリーなのだけど、
見てるときは難しくてあまりよくわからなかった。
そのうえ、怖くないので眠くなってしまった。
SF好きの人だったら楽しめるかなあ。

出演:サム・ニール、ローレンス・フィッシュバーン
監督:ポール・アンダーソン

こんじゅの満足度:★☆☆☆☆

テーマ:映画かってに評論ww - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
「-less」
2006 / 07 / 17 ( Mon ) 15:27:37
邦題は「-less」。
「DEAD END」が原題で、韓国の題名は「THE ROAD」という。
米仏合作のホラー・サスペンス。

クリスマスイブの晩、フランクは家族を連れて妻の実家へと向かう。
今年は近道をしようと高速道路に乗らなかったため、見知らぬ道に迷い込む。
それが間違いのもとだった。
車に乗っている家族が次々と死んでいく…。

制作費があまりかかりそうもない映画だ。
結末がなかなかよかった。

それにしても、満月の夜にしては暗すぎる夜である。

主演:レイ・ワイズ、リン・シェイ
監督:ジャン=バティスト・アンドレア
   ファブリス・カネパ

こんじゅの満足度 ★★★☆☆

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
Loose Change(911テロ陰謀説)
2006 / 07 / 15 ( Sat ) 12:01:03
ニューヨークで起きた911テロを検証したドキュメンタリー映画。米政府の陰謀説を説いた映画だが、あまり関心のなかった私にも十分に興味をもたせる内容ばかりだった。

私が911テロでずっと疑問に思っていたのは、貿易センタービルが非常にきれいに崩壊したことだった。飛行機がビルに激突すると、まるで爆弾を仕掛けたようにその場に崩れ落ちるシーンが目に浮かぶ。この映画を見て謎が解けたような気がする。

その他、
○ビルに突っ込んだ飛行機は民間機ではなかった可能性が高い。
○その飛行機には乗客はいなかったのかも。
○ペンタゴンに突っ込んだ飛行機は映像に捉えられていなかった。
○犯行を声明したビン・ラディンの顔は別人。
○テロの数週間前に張り巡らされた、さまざまな伏線…。
など、ひとつひとつ検証されていて、わかりやすい。

米政府の陰謀とは言い切っていないが、言下に匂わせている。この映画を見てから911テロを考え直してみる、よい機会となった。

画質はあまりよくないけれど、ここで無料で見られます。
(聞き取りやすい英語なので、英語の勉強にもいいかも)

http://video.google.com/videoplay?docid=-7218920724339766288&q=label%3Aloose+change

フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語などの字幕はあるのに、なぜか日本語字幕は見つけられませんでしたTT。

ぜひ見てください♪

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(1) * page top↑
ラッキー・ナンバー・スレヴィン
2006 / 07 / 14 ( Fri ) 13:17:45
「モーツアルトと鯨」を見て、ジョシュ・ハートネットがなかなか素敵だったので、この映画も見ることにした。

最初は「ラッキーナンバーセブン」かと思ったけれど、よくよくみると「スレヴィン」になっている。「セブン」にかけた名前であることは一目瞭然だ。

アンラッキーな男、スレヴィンをジョシュ・ハートネットが、スレヴィンの恋人をルーシー・リューが、二つの組織を行ったり来たりする殺し屋をブルース・ウイルスが演じる。その他、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレーなど、キャスティングの豪華さには脱帽。ちなみに、監督はポール・マクギガン。

キャスティングに目を奪われて映画を見る人も多いと思うが、私にとっては展開が複雑で、なかなか難しい映画だった。最後にどんでん返しがある、というレビューを読み、どんなどんでん返しなのかを想像してみたら当たってしまったので、ストーリー自体はそれほど手が込んでいないのかもしれない。

なんとはない映画だと思ったが、夜、夢の中にベン・キングスレーのはげ頭が出てきた。けっこう印象深い映画だったのかも…。

こんじゅの満足度 ★★☆☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
ミスターソクラテス
2006 / 07 / 13 ( Thu ) 09:54:01
韓流スターの一人、キム・レウォン主演のやくざコメディ映画。
韓国では2005年に公開され、100万人を突破したらしいが、私は見たことがなかった。

暴力団組織の計画により、キム・レウォン演じる主人公グ・ドンヒョクは、警察官になるための勉強をさせられることになる。組織にとっては便利に操れる人間が、暴力団担当刑事の中に必要だった。
高校中退のグ・ドンヒョクは勉強が嫌で逃げようとするが、組織が一団となって彼に勉強を強いる。
念願かなって(?)晴れて刑事になったグ・ドンヒョクは、まっとうな人間になることを望むようになる。そこから、組織の計画に狂いが生じる…、というストーリー。

コメディらしく、笑えるシーンが適当に散りばめられているので、息抜きとしてみるにはいい映画。
キム・レウォンのファンならば、彼の鍛え上げられた肉体にたまらなくなってしまうかも。

主演:キム・レウォン、イ・ジョンヒョク
監督:チェ・ジンウォン

こんじゅの満足度 ★★★★☆

テーマ:韓流スター - ジャンル:映画

* 韓国映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
SPIRIT(Fearless)
2006 / 07 / 13 ( Thu ) 09:25:46
ジェット・リーのことを韓国では「イ・ヨンゴル」という。
「李連杰」をそのまま韓国語読みした名前だ。

イ・ヨンゴルの映画を見よう、と友人に誘われたのだけど、それが誰なのか、わからない。
ジャッキー・チェンのこと?
それとも、アンディ・ラウ?
とにかく映画を見てみればわかるだろうと思った。

ところが、最初のシーンで現われた、闘うイ・ヨンゴルをみても、私にはジェット・リーだということがわからなかった。
ジェット・リーという名前すら知らないのだから、無理もない。

カンフー映画を見るのはけっこう好きだけど、よく考えたら俳優の名前を知らなかったのだ!
友人が「ジェット・リーは実際に有名な武道家なんだよ」と教えてくれなかったら、一生、知らないままだったかもしれない。

この映画、韓国では「Fearless」いう英題を用いている。
上海精武体育会を設立した伝説の武闘家、雀元甲の生涯を描いた映画だ。

闘いのシーンがほとんどだったが、胸につきさるようなシーンもところどころに散りばめられていた。
とりわけ、主人公の雀元甲が母親と娘を殺されてしまったときは目頭が熱くなった。
また、強くなりたいという雀元甲に武道家の父親が言った「武道とは復讐のためのものではなく平和のために使われるもの」という言葉が印象的だった。

そうそう、これから少しずつ、中国・香港映画の俳優も覚えていこう。

出演:ジェット・リー、中村獅童、スン・リー
監督:ロニー・ユー 

こんじゅの満足度 ★★★★☆

テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

* 中国・香港映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
モーツアルトと鯨(Mozart and the Whale)
2006 / 07 / 13 ( Thu ) 08:40:38
韓国のネット上でこの映画はかなり高く評価されていたので、見ることにした。
感動的、心が温まる、素晴らしい、などと言葉を尽くして賞賛されていた。

映画は、アスペルガー症候群の男女の恋を描いたラブコメ。

アスペルガー症候群とは、ウィキペディア百科事典によると、
「知的障害のない自閉症。対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が特徴とされる。特定の分野への強いこだわりや、運動機能の軽度な障害も見られる。しかし、カナータイプ(低機能)自閉症に見られるような言語障害、知的障害は比較的少ない」
だという。

タクシーの運転手ドナルドと美容師のイザベルは愛しあうようになるのだが、互いにもつ心の障害によってうまくいきかけてはだめになり、を繰り返す。
やさしい心をもつ二人の、互いを思いやる気持ちが温かさを感じさせる映画だ。
オカメインコやうさぎ、イグアナなど、二人のペットもかわいい。

主演はジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル。
監督はPetter Naess。

こんじゅの満足度 ★★★☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* ロマンティックコメディ * trackback(0) * comment(0) * page top↑
BANDIDAS(女盗賊たち)
2006 / 07 / 13 ( Thu ) 08:24:11
19世紀のメキシコが舞台となっているため、すっかりアメリカ映画だと思っていたが、どうやらフランス映画らしい。

貧しい農家の娘マリアと裕福な銀行家の娘サラが、父親の死をきっかけにパートナーとなり、正義のために銀行強盗をくりかえす、というストーリー。悪と対決していく、アクションコメディだ。

映画としては、ウエスタン映画好きな人なら、ちょっと楽しめるかもしれない。
私はこういう映画はあまり好きではなくて、前半で見るのをやめようかと思ったけれど、後半はけっこう楽しめた。

この映画での見所は、メキシコの雄大な景観。
メキシコへの旅心を誘うので、メキシコ広報映画としてはいいかもしれない。
印象的だったのは、ニューヨークから来た刑事とのキスを練習するシーン。
ユーモラスに描かれていて、この辺りにヨーロッパっぽさを感じさせられた。

ところでこの映画、舞台がメキシコで登場人物もメキシコ人たちなのに、なぜかみんな、英語で会話していた。
19世紀のメキシコが舞台なのに、ちょっと不自然。
英語にする意味はない。スペイン語にすべきでは…。

主演はペネロペ・クルスとサルマ・ハエック、
監督はリュック・ベッソン監督。

こんじゅの満足度 ★★☆☆☆

テーマ:映画かってに評論ww - ジャンル:映画

* アクション映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
ホステル
2006 / 07 / 12 ( Wed ) 11:16:44
「HOSTEL」というタイトルのこの映画は、最近見たホラーの中では怖い方だった。
ホラー映画は、思い切り怖くあるべきだ、というのが私の主張。
そんな要求を満たしてくれる映画のひとつだった。

この映画はパソコンでダウンロードしてみたのだが、見終わってからクエンティン・タランティーノが制作し、イーライ・ロスが監督した作品だということを知った。

最初からネットで調べるなど、なんらかの予備知識をもってみていたら、また違った見方もできたかもしれない。
誰がプロデュースした作品だということすら知らず、映画の中に一瞬、三池崇監督が現われるということも知らなかった。
まあ、そういう意味では、純粋にホラーとしての評価ができたのだからよしとする。

映画の序盤では、女性の裸体や男女の絡むシーンが多くて、「この映画、ホラー映画じゃなくて、もしかしてこれエロ映画?」と自分の選択に疑問を抱かせられた。
ダウンロードする過程でカテゴリーを間違えてしまったのかもしれないとも思った。中盤で画面に大量の血を見るまでは、ホラーとエロは同一のカテゴリーでくくられるものなのかと錯覚するほどだった。

アメリカ男3人が、女と刺激を求めてオランダに旅行にやってくる、というところから映画は始まる。
裸の女たちやソフトドラッグのシーンをみているうちに、私は徐々に不思議な感覚に陥っていった。まるで自分がドラッグを吸っているかのような…。映像の魔力だ。

なかなか求めるものを得ることができないアメリカ男3人組は、スロバキアにある某ホステルでの体験談を聞かされる。女たちが外国人を求めて集まっているホステルだと聞き、彼らはすぐにスロバキアへと向かう。そして、そこで恐怖の底に落とされることになる。

後半からは主人公が逃げおおせるのか怖くなり、耳を塞いでみたりトイレに逃げ込んでみたり、怖さをまぎらわすことになった。こうしたはらはらさせられるストーリーは好きだ。

見終わって思ったのは、スロバキアへ行くのは絶対やめよう、ということ。
スロバキアの人たち、よくこんな映画作るの許したなあとその寛大さに感心した。

こんじゅの満足度 ★★★★☆

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(1) * comment(0) * page top↑
パイレーツ・オブ・カリビアン
2006 / 07 / 11 ( Tue ) 09:58:57
韓国での公開は2006年7月6日で、アメリカと同時公開された。
「カリビアンの海賊 -亡者の櫃-」というタイトル。

前作をビデオで見ながら眠ってしまったという前科があるため、
今回は映画館で鑑賞することにした。
大型スクリーンの前なら迫力があるし、チケット代ももったいないし、きっと眠らない。

映画館はほぼ満席だったので、時間をずらして後方の席を陣取った。
韓国の映画館は全席指定なので、前もって席が選べるのがよいところ。

映画が始まるとスクリーンに集中したのだが、はっきりいってストーリーがよくわからない。
前作のストーリーすら知らないし。

それでも「クラケン」という、タコの化け物のCGは見事だったし、
ジャック・スパロウはコミカルに演じられていて、まあそれなりに楽しめたと思う。
東京ディズニーランドの「カリブの海賊」を思い出しながら見れば、
より楽しめるかもしれない。

ストーリーはいまいちよくわからなかったが、
次作も決定されているようなので後で復習しておこう。

こんじゅの満足度 ★★★☆☆

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画

* 米国映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。