スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
House of 9
2006 / 07 / 29 ( Sat ) 09:48:43
ホラー映画を見ようとこの映画を選んだのだが、見ているうちに、どうもこれはホラー映画ではない、と思った。お化けも幽霊も出てこないし、殺人鬼も出てこない。スリラー/サスペンス映画の部類に入るだろう。

ストーリーは「SAW」に似ている。
無差別で拉致されてきた9人の男女は、窓も出口もない、一軒の家に閉じ込められる。マイクからは「この家から無事出られるのは1人だけ。懸賞金500万ドルと一緒に外に出られる」という、男の声が流れる。9人は、生き残りたいけれど誰かを殺すことはできないでいる。
ところが、ある事故で一人が死んだのをきっかけに、それまで保たれていた平静さは均衡を失い、次々に殺人が起こる――。

後半に入るまでなかなか人が死なないので、ストーリーに起伏がみられず、途中で退屈してしまう人もいるだろう。
でも、私はこの映画、けっこう楽しめた。9人の心理を想像すると、どきどきしてくる。
もし私がこの9人の1人だったとしたら――。
絶望的な気持ちになる。他人を殺せるだろうか。でなければ、自分が殺されてしまうのだろうか。

「SAW」に比べると、その緊張感や怖さは比較にならないが、人間がどういう状態になるとどんな行動を起こすのか、勉強になる。

そうそう、この映画を見てから、拉致されないように気をつけよう!と心に誓った。

出演:デニス・ホッパー、ケリー・ブロック
監督:ステーブン・R・モンロー

こんじゅの満足度 ★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
機械じかけの小児病棟
2006 / 07 / 24 ( Mon ) 10:00:30
韓国では原題「FRAJILE」をそのまま使っている。

2005年に制作されたスペイン映画だが、イギリスが舞台となっているため台詞は全て英語。
だから、全然、スペイン映画っぽくない。

メキシコを舞台にした米仏合作映画「bandidas」もそうだったが、最近は英語で作るのが流行りか、はたまた世界的に配給されることを目的としてわざと英語で作っているのか。
言語の持つ独特の雰囲気を殺して作っているようでもったいない。

スペインホラーの巨匠、ジャウマ・バラゲロ監督の作品ということで
その「怖さ」に期待を持って見たのだが、期待はずれだった。

特に、前半まではストーリーの運びがゆるやかで、ちょっと退屈してしまう。
後半で現われる霊、「機械少女」は、怖い顔はしているけれど人を殺したりしないから、見ている側も死に追いやられる恐怖を感じない。

「機械少女」が現われるフロア、だいたい、いくら閉鎖目前の病院だからといって、あるフロアだけをあそこまで風化させるのも変だ。

この映画、退屈しのぎに見たのだが、いまいちだったなあ・・・。

出演:キャリスタ・フロックハート、リチャード・ロクスバーグ、エレナ・アナヤ、ジェマ・ジョーンズ
監督:ジャウマ・バラゲロ

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
輪廻
2006 / 07 / 22 ( Sat ) 09:01:44
優香主演の「輪廻」を見た。韓国では「還生」というタイトル。

日本のホラー映画をみるのは「着信アリ」以来。
韓国では日本のホラー映画は「怖い」と定評があり、
私も楽しみにしていたのだが、この映画はあまり怖くなかった。

ひと通り見てもあまり理解できない部分もあり、
見終わってから、ちょっと悩んでしまった。

ゾンビの演技はなかなかよかった。

出演:優香、椎名桔平、香里奈、杉本哲太
監督:清水崇

こんじゅの満足度 ★☆☆☆☆

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
イベントホライズン
2006 / 07 / 21 ( Fri ) 10:35:45
「ものすごい怖い」「残忍」というレビューが多かったSFホラー「イベントホライズン」をとてつもない期待をもって見た。
韓国では原題「Event Horizon」そのまま。

西紀2040年。イベントホライズン号が海王星で失踪する。
イベントホライズン号は光速以上のスピードで宇宙を飛行できるように極秘で作られた宇宙船だった。消えたはずのイベントホライズンは7年後、海王星に再び現われる。
イベントホライズンを製作したウィアー博士は、救助船「ルイス&クラーク号」の隊員たちとイベントホライズン号に乗り込むが、すでに乗組員たちは全員死亡していた。
隊員たちは思いもよらぬ恐怖の世界へと入り込むことになる…。

というストーリーなのだけど、
見てるときは難しくてあまりよくわからなかった。
そのうえ、怖くないので眠くなってしまった。
SF好きの人だったら楽しめるかなあ。

出演:サム・ニール、ローレンス・フィッシュバーン
監督:ポール・アンダーソン

こんじゅの満足度:★☆☆☆☆

テーマ:映画かってに評論ww - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
「-less」
2006 / 07 / 17 ( Mon ) 15:27:37
邦題は「-less」。
「DEAD END」が原題で、韓国の題名は「THE ROAD」という。
米仏合作のホラー・サスペンス。

クリスマスイブの晩、フランクは家族を連れて妻の実家へと向かう。
今年は近道をしようと高速道路に乗らなかったため、見知らぬ道に迷い込む。
それが間違いのもとだった。
車に乗っている家族が次々と死んでいく…。

制作費があまりかかりそうもない映画だ。
結末がなかなかよかった。

それにしても、満月の夜にしては暗すぎる夜である。

主演:レイ・ワイズ、リン・シェイ
監督:ジャン=バティスト・アンドレア
   ファブリス・カネパ

こんじゅの満足度 ★★★☆☆

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

* ホラー映画 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。